2012年07月11日

夏模様のいわき

7月10日、いわき市の中央台仮設住宅に行ってきました。

いつものお母さんのお漬物、おいしい。
(これを味わうために白ご飯を持参したわたくし)
201207101314000.jpg201207101315001.jpg

行政相談員・Kさんの淹れてくれたコーヒー、おいしい。
(これを味わうために前日からコーヒー抜きのわたくし)

ほかにも、お漬物、かぼちゃの煮たの、
おみやげのくんせい卵、サンドイッチなど、
施術中だったり、いそいそ食べてしまって撮り忘れたりと、
写真がないのが残念なくらい、次々に皆さんがおもてなししてくださいます。

最後には、数人のお母さんたちが、
わざわざ新鮮なトマトを人数分用意して、
私たちの帰り支度を駐車場で待っていて、
見送ってくださいました。
本当にいつもありがたいことです。
DSC00931.JPG

いただいた卵サンドがなかなかインパクトのあるものだったので、
何か紹介できる情報がないか探していたところ、
地元のフリーペーパー「いわきを楽しむための生活情報誌 朝日サリー」の
編集部のブログに写真が載っていました。
パンより数倍の厚みがある卵焼き!
ほんのりとしたマスタードバターがおいしいです。
味は濃くないので、アルミに包んであるお塩を
好みで振っていただきます。

次は8月に郡山へ。
昨年めっちゃくちゃ暑い日に郡山へ行ったので、
私にとっての郡山は、すっかり「暑いところ」のイメージ。

そんなこんなで、いわきや郡山へ行きはじめて1年が経ちました。

昨日施術させていただいたおばあちゃん、「仮設に来てからなんもいいことねぇ」と言います。
いいことあった! と何か見つかるといいなぁと思いながら、
お身体に触れさせていただいています。

月に2回になることもあれば、行けない月もあり、
もっと行けたらいいなとも思うこともありますが、
「もう少し行けるかな」と思うくらいで続けることが、
自分のためにもちょうどいいような気がして、
こんなペースです。



posted by metsä at 18:57| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

椿油とアクリルたわし

昨日、うれしいお電話がありました。
「ホームページを見たんですが、気仙沼大島の椿油を買いたく、分けていただけますか」

ご自宅が近かったため、お電話をいただいて数時間後にお会いして、
椿油を手渡しすることができました。

そこで、1枚のチラシをいただきました。
「東日本大震災でお父さん、お母さんをなくしたこどもたちの成長を支援したい」
という、小さなイベント「女たちのお手前市」のお知らせです。

EPSON010.JPG

電話をくださったIさんは、
日本アロマ環境協会のアロマテラピーインストラクターで、
このイベントでハンドトリートメントを行うそう。
そこに使う植物油として、気仙沼大島の椿油がいいと考えて、
いろいろ探して、私のところにたどりついてくださったというわけでした。

そして、お話してわかったのが、
同じ「マザーズオフィス アロマテラピーの学校」の卒業生!
気仙沼大島の椿油を一生懸命探して、つながってくださったのが嬉しく、
お話をしながら、ひとつ思いついたのが、
先日いわきに行った際に、受け取ってきたもののことでした。

DSC00425.JPG

DSC00428.JPG

気仙沼のお母さんたちが編んだ、バラのアクリルたわし。
広野町(福島県双葉郡)のお母さんたちが編んだ、いちごのアクリルたわし。

気仙沼大島の椿を育てる会」の活動に続いて、
セラピストグループ「手当ての輪」から、
今度は「アクリルたわし」のプロジェクトが発足しています。

仮設住宅で孤立しがちな高齢者の方々に、集会所に集まってもらって、
おしゃべりしながら手を動かしてもらい、
それが少しでも収入につながるように……という思いから、
さまざまな方の尽力で、現在たくさんのアクリルたわしが、
気仙沼や、広野町の方々が現在暮らしているいわき市から
埼玉、東京のセラピストたちの手に渡り、その輪を広げています。

そのお話をIさんにさせていただき、
チャリティイベントでハンドトリートメントをされるなら、
その横に少しでも置いてもらえませんか、とお願いをしました。
Iさんは快く引き受けてくださり、ピンクのバラをご購入いただきました。

イベントの場所は、池袋駅近くのお豆腐屋さんだそう!
楽しそうなので、行ってみたいのですが、あいにくその日は予定があり、
私は行けません。残念〜。
お近くの方は、立ち寄ってみてはいかが?

椿油が作ってくれたご縁で、また別のご縁がつながっていくのが、
嬉しく、楽しいできごとでした。

アクリルたわし、私は100個仕入れたのですが、
ブログでお知らせする前に、
ご予約分も含めて、すでに60個が旅立っていきました。

洗剤を使わずに、ピカピカすっきりよく落ちて、
復興支援につながるバラ&いちごのアクリルたわし。1個250円です。
まだ在庫はございますが、嬉しいお問い合わせをいくつもいただいており、
すぐになくなってしまうかも。
ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください!
posted by metsä at 10:04| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

ノルディックスキーと肩甲骨

先週末、群馬県は草津温泉に行っておりました。
雑誌やテレビ、旅行サイトなどの人気温泉地ランキングで
常に上位になる草津ですが、本当にすばらしい温泉です!
私がよ〜く行く温泉というのは、
長野県の白馬八方、野沢温泉、そして群馬県の草津です。
なぜ、このあたりによ〜く行くかというと。

私はプロフィールに、いつも
「趣味はノルディックスキー観戦と、それに伴う旅」と書いてます。
このブログでも右サイドにありますね。
それはまさに、「雪と温泉」のあるところ。
「山とジャンプ台」のあるところ、とも言えます。

最近、私のFacebookをご覧いただいている方、
また昔から私を知る方はご存知かと思いますが、
私はノルディックコンバインド(複合)というスキー競技の大ファン。
今シーズン、渡部暁斗選手がW杯初優勝を果たし、
ファンの希望をかなえてくれました! Bravo Akito!
しかし応援歴20年、暁斗選手の選手歴より長いよ〜。

その長い応援歴のきっかけとなったのが、草津出身の双子スキーヤー、
荻原健司・次晴氏です。
草津を訪れたのは、お二人主催のイベントに参加するため。
1日目はアルペンスキー、
2日目はクロスカントリースキー(歩くスキー)を楽しみました。

とくに、2日目のクロカンスキーはお天気もよく、やっぱり楽しい。
競技者でない、私たち一般人が使うクロカンスキーは、
裏側に「ウロコ」がついていて、
上り坂でも引っかかって後ろへ滑らないようになっています。
この仕組みにのっかって、
ストックも使って、えいえいと雪山を登っていくのです。

この、ストックを腕で後ろへ押す動きが、けっこう筋肉を使います。
ふだん動かしていない肩甲骨まわりを、すんごく動かします。
また、ふだんの生活であまり使わない
上腕三頭筋(いわゆる振り袖)をかなりハードに使います。
その結果。
次の日は大腿もですが、腕が筋肉痛になります。
しかし、肩甲骨まわりを動かすおかげで、肩のあたりはすっきり。

最近山登りでも、ダブルストックといって、
両手にストックを持って歩く人が増えました。
平地でもダブルストックで歩くことを、「ノルディックウォーク」といって、
これを専門に教えるインストラクターさんもいます。

ノルディックスキーやノルディックウォークをして、
肩甲骨を動かすと、
「ああ昔は我々も4本足で歩いていた動物だったんだなぁ〜」
と思います。
肩甲骨が骨盤と連動していることを、自然に感じられます。

パソコン仕事などで、肩のあたりがもやもやしている方に、
ノルディックウォークはおすすめですが、
持っていない方や、ストックを持って歩くのは恥ずかしいという方も多いでしょう。

そしたら、腕も脚になったつもりで、大きく腕を振って歩きましょう。
荷物は持たないこと。
この「散歩」のお話は、長くなるので、また。
posted by metsä at 09:17| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。