2011年12月02日

クレンジング、占星術

いつの間にか、2週間もさぼってしまいました。
なんだか忙しい日々。
この間のトピックをいくつか。

クリーム作りにはまっているのは相変わらずですが、
どうしても使い心地のよいクレンジングミルクが作りたくて、
1回、ちゃんと講座に行ってみるかと、「生活の木」の
身近な原料で誰でもできる!プロフェッショナルなアロマ化粧品作りPart3!
というのに行ってみました。

講師の塚田先生は資生堂など化粧品会社で研究者としてキャリアを積まれた方。
アロマテラピーを教える先生方とはまた違うお話が聞け、
思っていたより専門的な内容に目を白黒させておりました。
ほぼ、化学の世界。
セラピストになってから、やっと「精油の化学」の面白さに目覚め、
次は、これを人にわかりやすくお伝えすべく、日々勉強中。
そんな私にとっては、耳慣れてすっと入ってくる部分がある一方で、
聞き慣れない化学記号や専門用語が出てくると、
とたんにスピードについていけなくなります。
あとでノートを見ても、なかなか復習にならない。

実際にクレンジングを作るデモンストレーションは、
材料を入れる順番や、ビーカーなど用具類の扱い方など、
研究者の試作の雰囲気が感じられて、おもしろかったです。
しかし、自分で作ってお持ち帰りできるかと思っていたので、
それがなく、使用感が試せなかったのは残念でした。

またある日は、セラピストクラス時代の同級生のサロンにて
「占星術アロマ」を受けてみました。
生まれた場所と時間をお伝えしておき、ホロスコープを作成してもらって、
月や星の位置から、本当の自分、今の自分、これからの自分をみていきます。
私の魂は「17歳から25歳くらいの少年」「ルフィとか、花道みたいな」らしい。
でも、仕事の顔は女性。
ほかにも、いろいろ心に残った言葉はあったけど、秘密です。
深いな〜。私もホロスコープ読めるようになってみたい。
彼女のサロン、「Private Salon 花曲」です。
トリートメントも、ゆったりと大きな手で包み込まれるような心地よさ。
信頼できる技術をもった友がいるというのは、幸せなことですね。

そんな彼女から、「若返りの水」をいただきました。
そうです。14世紀、70歳をすぎて隣国の若き王子から求婚されたという
「ハンガリー王妃の水」、ハンガリアンウォーターです。
彼女の手作りのハンガリアンウォーターで、さっそく化粧水を作りました!
さて、これを持って、出かけます(続く)。
posted by metsä at 22:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

携帯から

投稿テストです
posted by metsä at 09:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

カレンデュラ+シアバター

昨日もクリーム。
カレンデュラオイル+シアバター+ネロリウォーター+グリセリン。
香りは今はまっている、土佐小夏。

冬に向かって、傷ついた皮膚の修復(カレンデュラ)
&保湿(シアバター&グリセリン)
&あったまるイメージ(土佐小夏)で。
土佐小夏は水蒸気蒸留のものなので、光毒性の心配もなし。

植物油、芳香蒸留水ともに仕入れたばかりのものを
箱を開けてそのまますぐに作ったので、
なんか新鮮、作り立て!って感じです。
DSC03587.JPG
だいぶ慣れてきたので、使い心地がいいものができました。
でも、まだまだ試したいことがいっぱいあるなぁ。

posted by metsä at 17:32| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。