2011年11月15日

ローズウッドの危機

先日、クロモジの記事を書こうとして、
ローズウッドについてネットで調べていたら、
「伐採が進んで絶滅の危機に瀕している」
というところまではわかったのですが、
どういう状況でどの程度、何が規制されているのかについて、
正確なニュースソースがとても少なく、
私もとても好きな精油なので、気になって調べはじめたら、
止まらなくなってしまいました。

現在の時点でわかったことについて、覚え書き的に書いておきます。

ローズウッド(Aniba rosaeodora)は、
2010年3月に開かれた第15回ワシントン条約締約国会議で
「輸出入には、輸出国の政府が発行する許可書が必要となる」
というレベルとされました。
ワシントン条約では、絶滅のおそれの度合いに応じて、
「附属書 I 」「附属書 II 」「附属書 III 」種のリストが作られ、
2年おきの会議で、加盟国ごとに議題が提案され、話し合いによって
そのリストが改訂されていきます。
2010年3月の議題提案はブラジル政府からのものでした。

経済産業省HP
植物のNo.5のところに、
「注釈※1を付し、附属書IIに新規掲載する」とあります。
「注釈※1」は製品名で精油も含まれ、「附属書II」は規制のレベルです。

これについて、あれこれ検索した結果、信頼性があって、まとまっていて、
読んでおもしろかった資料をご紹介します。
発行しているTRAFFICという団体は、
「野生生物の取引を監視・調査するNGO」だそうです。

第15回ワシントン条約締約国会議inドーハ(カタール)
これによれば、IUCN(国際自然保護連合)では
EN(絶滅危惧種)としてレッドリスト入りしています。
個人的には「21のうち14提案がマダガスカルからのもの」という点も
もう少しよく調べてみたいところです。

トラフィックの第15回ワシントン条約締結国会議の附属書改正提案に対する見解
(提案29のところです)
これによれば、ローズウッドは
・成長の遅い硬木で、アマゾン流域の中部から北部など
 一次湿潤熱帯雨林に生育
・天然更新(natural regeneration) がおこなわれる速度は遅く、不確実
・この油の唯一残された生産国はブラジル
・ほとんどの油が輸出され、国内市場で販売される割合は15%

この資料のおおもととなる、ワシントン条約事務局の資料もありました。
英語が得意というわけではないので、すぐには読破できないのですが、
そのうちゆっくり読んでみたい資料です。
CONSIDERATION OF PROPOSALS FOR AMENDMENT OF APPENDICES I AND II

その他にも、より新しい情報(っぽいもの)もあったのですが、
これも、追い追い……。
Annotations for Aniba rosaeodora (Brazilian rosewood),
ANIBA ROSAEODORA AND BULNESIA SARMIENTOI

前回のワシントン条約締結国会議といえば、クロマグロのことが
日本では大きく取り上げられていたのですが、
こういう議題もあったということは、
ちょっと積極的に調べないと手に入らないものですね。

本当に覚え書きになってしまいました。
こうして、正確な資料をあたろうと粘っていると、
知らないことが多すぎて、こわくなります。
調べものはきっかけ。
本で読んだり、人に話を聞いたりしなければ、
実際のところはわからないので、これからじっくりと。

次のワシントン条約締約国会議は2013年だそう。
次回はニュースを受け取るだけでなく、
もっと積極的に読み込んでいきたいものです。
【関連する記事】
posted by metsä at 16:09| Comment(2) | 精油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやいやそんなに切迫した状況だったとは・・・
Posted by べるびゅー at 2011年11月15日 19:49
すっかりご挨拶が遅くなりました。
お店のオープンおめでとう!!

とってもすてきなブログですね。
さわやかさが伝わってきます。


Posted by romi at 2011年11月24日 22:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。