2011年11月13日

いわきに行ってきました

昨日、いわき市復興支援ボランティアセンターの「感謝のつどい」へ。

私は8月に家屋解体やゴミ分別などのボランティアで
2日間お世話になっただけですが、ご縁あって、
ボランティアセンターの方々と別の場でお会いしたこともあり、
常磐道をぶいいーんと日帰りで行って参りました。

猪苗代湖ズの「I love you & I need you ふくしま」をバックに
これまでの活動写真のスライドショーが流れたときには、
会場の皆さんがそれぞれに、3月11日から今日までのことを
思い浮かべている空気がいっぱいに広がり、
会場が明るくなったときには、目頭にハンカチをあてている人が
多くみられ、私もそのひとりでした。

いわきでずっとボランティア活動を続けてこられた
たくさんの方たちが登壇され、
これまでにいちばん印象に残ったエピソードを
紹介するコーナーもあり、その濃い話に感心したり。
ステージの上から
「1年前のことが、とても1年前のことと思えないほどの時間」
という言葉が聞こえたときには、自分を振り返り、
想像もしなかった変化に改めて驚いたり。

「前会ったのはいつだっけ? 2月? じゃあ震災の前だね」
これは、先日久々に会った友人との会話。
思えば、誰と話すときも、何をするときも、
そのできごとが、震災の前だったのか後だったのかを考えています。
規模がどんなに小さくても、誰もが被災しているんだ。
そう思うのは、そんなときです。

だから、今できることをすればいいい。
一緒に走ろうという気持ちがあれば、バトンは必ずまわってきます。
そのときに全力で走れるようにしておくことが
必要なのだろうと思います。

私は幸い、思いがけず早いうちにバトンをもらうことができました。
それが、5月から行っていた三郷でのアロマボランティアの活動でした。
そんな三郷で出会った皆さんと、8月に再会した場所も、いわき。
「感謝のつどい」のあとに、その「スパリゾートハワイアンズ」にも
行ってきました。
初めて見るフラのショーも素晴らしく、
フラダンス習いたい! と思ってしまいました。

201111122043000.jpg

まずは「がんばっぺ フラガール!」観に行こうっと。

先日いらしたお客さまが、ブログを見ていてくれて、
私が昨年会社を辞めてからの活動や、
とくにアロマボランティアをしていたことを
「ぴったりだと思った!」と言ってくださいました。

「1年前のことが、とても1年前のことと思えない」
それでも、迷いながら進んできた道は、
振り返るとちゃんとつながっていて、
たくさんの方々が、自分を引っ張って、
ここまで運んでくれてきていたんだなと思います。

いわきと深い縁ができたのも、きっと必然なのだろうなぁ。
今月末、またいわきに行きます。
【関連する記事】
posted by metsä at 10:12| Comment(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。