2012年07月11日

夏模様のいわき

7月10日、いわき市の中央台仮設住宅に行ってきました。

いつものお母さんのお漬物、おいしい。
(これを味わうために白ご飯を持参したわたくし)
201207101314000.jpg201207101315001.jpg

行政相談員・Kさんの淹れてくれたコーヒー、おいしい。
(これを味わうために前日からコーヒー抜きのわたくし)

ほかにも、お漬物、かぼちゃの煮たの、
おみやげのくんせい卵、サンドイッチなど、
施術中だったり、いそいそ食べてしまって撮り忘れたりと、
写真がないのが残念なくらい、次々に皆さんがおもてなししてくださいます。

最後には、数人のお母さんたちが、
わざわざ新鮮なトマトを人数分用意して、
私たちの帰り支度を駐車場で待っていて、
見送ってくださいました。
本当にいつもありがたいことです。
DSC00931.JPG

いただいた卵サンドがなかなかインパクトのあるものだったので、
何か紹介できる情報がないか探していたところ、
地元のフリーペーパー「いわきを楽しむための生活情報誌 朝日サリー」の
編集部のブログに写真が載っていました。
パンより数倍の厚みがある卵焼き!
ほんのりとしたマスタードバターがおいしいです。
味は濃くないので、アルミに包んであるお塩を
好みで振っていただきます。

次は8月に郡山へ。
昨年めっちゃくちゃ暑い日に郡山へ行ったので、
私にとっての郡山は、すっかり「暑いところ」のイメージ。

そんなこんなで、いわきや郡山へ行きはじめて1年が経ちました。

昨日施術させていただいたおばあちゃん、「仮設に来てからなんもいいことねぇ」と言います。
いいことあった! と何か見つかるといいなぁと思いながら、
お身体に触れさせていただいています。

月に2回になることもあれば、行けない月もあり、
もっと行けたらいいなとも思うこともありますが、
「もう少し行けるかな」と思うくらいで続けることが、
自分のためにもちょうどいいような気がして、
こんなペースです。



posted by metsä at 18:57| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする