2012年02月14日

バレンタインによせて・男性にフェイシャルを!

こないだの日曜日、いい具合に時間があったので、
バレンタインデーの前倒しプレゼントとして、夫にトリートメントをしました。

お客さまと同じように、ちゃんとマッサージテーブルに寝てもらって、
全身のオイルトリートメントというのは、
資格取得のための、カルテ収集以来のことです。

加えて、今回はフェイシャルもフルコースで体験してもらいました。

夫の顔を改めてよく見ると、オイリーだと思っていたのですが、
季節柄、頬の高いところなどは、乾燥して少し白っぽくなっていたり、
日々見ている顔でも、けっこう細かいところまでは観察していないものですね。

ボディは「ラベンダー+サンダルウッド+ブラックペッパー」、
フェイシャルはラベンダーのみ。
(夫はラベンダー大好きで、毎日お顔にラベンダーウォーターを
パシャパシャやっています。贅沢〜)

本人としては、頬の毛穴の黒ずみが気になっていたようなのですが、
全体に十分に保湿されて、毛穴の開きがなくなって
滑らかな肌になったよと言うと、満足そうに鏡を見ていました。

思えば昨夏、思いがけず男性フェイシャルの機会をたくさんいただきました。
福島県の広野町から、埼玉・三郷の避難所に来ていた方々に
アロマテラピーのボランティアをさせていただいていたときのこと。
私は5月から行きはじめ、7月の終わりに避難所が閉まるまで続けていたのですが、
最初はアロマテラピーに対して、少し距離のあった男性たちが、
毎週伺ううちに、少しずつ興味をもってくれたり、
同じ部屋の男性が、全身トリートメントを受けているのを見て、
自分も受けてみたいと言ってくれたり、
最後には、男性のフェイシャルが連続した1日もありました。

アロマテラピーのフェイシャルトリートメントは、美容目的もありますが、
心をゆったりとほぐし、頭や神経を休めてくれる効果がとても高いものです。

お顔は脳に近く、刺激が脳に伝わりやすい部分。
お顔へのやさしいタッチと、精油による心地いい嗅覚刺激が、
身体をコントロールしている自律神経にはたらきかけ、
ゆったりした呼吸を導き、肉体的、精神的なストレスを和らげます。

日々、ネクタイで首を緊張させ、
パソコンに向かったり、車を運転したりと目を使い、
上司やお客さまに気を遣い、締め切りに追われ……と
とくに頭まわりの交感神経をバリバリ使っている男性にこそ、
フェイシャルはおすすめしたいメニューなのです。

とはいえ、なかなかサロンに一人で出向いて……というのは、
男性にとっては勇気がいることですよね。
私も、男性のお客さまはお知り合いのみをお受けしています。

そこでおすすめなのが、「ペアでの出張トリートメント」。
ご夫婦で、カップルでお受けいただくトリートメントです。
(ボディ、フェイシャルともに可能です)

ご自宅でお受けいただけるので、お着替えや移動の負担もなく、
セラピストと2人になるのが気恥ずかしいという方でも、
パートナーがそばにいる空間で安心してお受けいただけます。
小さな赤ちゃんがいらっしゃるパパ、ママなら
交代で面倒を見ながら、お二人とも安心してお過ごしいただけます。

ホワイトデーのお返しに、パートナーに
アロマトリートメントのプレゼント、というのもいいですね。
ご相談だけでも承ります。ぜひお問い合わせください。

自分で書きながら、いいなぁ〜……とうらやましくなってきました。
私も、お返しにトリートメントギフトをもらいたい〜!
(あら、男性フェイシャルの記事のつもりが、
いつの間にかホワイトデーのお返しという話になってしまった)
posted by metsä at 16:22| Comment(0) | アロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする