2011年12月08日

虹の気仙沼

12月の3、4日の週末、社団法人日本アロマ環境協会の
「東日本大震災 復興支援プロジェクト」の活動で、
宮城県・気仙沼市に行ってきました。

事務局のスタッフの方を含めて、総勢約25名のチーム。
当日はあいにくの大雨。
2チームに分かれて、2カ所の仮設住宅へ行き、
アロマクラフト作りとハンドトリートメントを行いました。

移動の途中、曇ったバスの窓を拭いながら眺めた海岸の景色は、
想像していたよりひどい状況。
もう8ヶ月も経つのに、いや、
8ヶ月経ってようやくこの状態なのか、ということに、
大きな衝撃を受けました。

夜は、港のすぐ近く、少しあがった高台にある
「ホテル望洋」に宿泊。
ここは、震災直後に付近の方が避難されたり、
救援物資配布の拠点となった場所のようです。

翌朝、窓を開けると、ようやくまわりの景色が
はっきりしてきます。
海はすぐ目の前。
このホテルがそのまま残っているのも、奇跡的なのでしょう。
DSC03765.JPG

ホテルのまわりを少し散歩。
高台の坂を下りると、そこはまだ
打ち上げられた漁船もそのままの光景。
前日と変わって、お天気はいいものの、風が強く、
壊れた建物のトタンの外壁が揺れて打ち当たる
カリンカリンと乾いた音が耳に残ります。
DSC03773.JPGDSC03775.JPGDSC03770.JPG

2日目の訪問先は、3カ所。
私は15世帯の小さな仮設住宅の談話室へ行きました。
現地でコーディネートしてくださった
「シャンティ国際ボランティア会」の担当者の方が、
「大きな仮設は目立つから、いろんなイベントなどが来てくれるのですが、
小さなところは、なかなかそういったことも行き届かないんです」
と話してくれました。

大雨から快晴へ、激しい天候の変化の中の2日間。
晴れた気仙沼の空に、虹がかかっているのが見えました。
DSC03781.JPG

きっと、また来ます。
posted by metsä at 22:05| Comment(2) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする