2011年09月29日

「SLAM DUNK」安西先生に学ぶ

4月から9月までの半年、毎週日曜日は母校での講師見習いをしていたわけですが、
その中でとても印象的だったことがありました。

先生が生徒さんたちに教えることはたくさんあるのですが、
なかでも「自分の身体のつかいかた」については、
先生は、手を変え品を変え、毎回さまざまな形で伝えています。

ある授業で、先生はストロークの重要なポイントとして「肘がのびていること」を示されました。
肘がのびていることで得られる、身体の自由さをいくつか挙げるなかで、
「肘がのびていれば、足がつくるステップの動きを正確に手に伝えることができる」
という言葉が、何か心に残ったのです。

帰りながら、何だっけな、どこかまったく違うところで、
読んだことあるような……と思っていたのですが、数日経って、
「これだ!」というものを思い出しました。

井上雄彦「SLAM DUNK(スラムダンク)」です。

あまりにも有名な漫画ですが、ご存知ない方のために書きますと、
「スラムダンク」とは、1990年代に「少年ジャンプ」で連載されていた、
不良少年の桜木花道がバスケットボールを通じて成長していく物語。
チームメイトや仲間、対戦相手など、主人公以外のキャラクターの存在感も大きく(私はミッチーが大好き)、
躍動感のある画と続きを読みたくなるストーリーが合わさった、時代を代表する漫画です。
私は学生時代に熱中して読み、全巻今でも大事に持っていて、
ときどき一気読みしては、ああいい漫画だなぁとため息をつくのです。

その22巻、まだバスケットを始めて3ヶ月ちょっとの桜木花道に、
バスケ部の監督・安西先生が
「インターハイまであと10日、その間はこのシュートだけを徹底的にやる」
と、ごくごく基礎的なシュート2万本の練習を命じます。
まずはそのフォームをビデオに撮って見せるのですが、本人は、
「このカッコ悪いのは誰だ……」とセルフイメージとのあまりのギャップに
驚き、怒ります。

「初心者なんだから、おかしくて当然。むしろ変なクセがついていなくていい。
これから正しいフォームを身につけるんですから」と安西先生。
静かに特訓は始まります。

最初は本人にシュートを打たせながら
「力みすぎ……」「深呼吸して」「上体を楽〜〜〜に」
「リラックス リラックス シュートは力じゃない」
と声をかけていきます。

そして、徐々に大切なことを伝えていきます。
「上半身の力だけで届かそうとするから、変な風に力んでしまう。
大事なのはむしろ下半身」
「ヒザを使って、下から上へ力を伝えるように」
「せっかくヒザを使って下から上に伝わってきても……
ここ(曲がった肘)で変な方にいってる。ボールに伝わらない」

わわ、これだ!! 
読み返しながら、バチーンときました。

きれいなシュートは下半身から上半身まで力がすっと通っているイメージ。
トリートメントのときの身体の使い方も、
美しくかっこいい姿は、その力の流れがきれいなんだと思います。
肘が曲がっていると、それが途中で止まってしまうのでしょう。

もう20年近く読んでいる漫画ですが、読み方が変わるとまた得るものがあります。
安西先生、深すぎます。

私も自分の姿をビデオに撮って見てみたい。完全に怖いもの見たさです。
きっと花道と同じように「違う……!! こんなのはオレじゃねぇ……!!」
となるのかな。いやだなぁ。


全巻読まなきゃ面白くないけど、該当箇所は22巻。
3巻の“ヒザをやわらかく、高く飛んで、置いてくる”「庶民シュート」の練習も必見です。
他、アロマセラピスト的には、筋肉の動きを観察するのも面白い漫画です。
胸鎖乳突筋とか三角筋とか。

posted by metsä at 12:20| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

開業

さて、本日「アロマテラピールーム metsä」を開業します。
ともかくスペースを作り、メニューを決め、ものを揃え……まではしたものの、
ほとんど告知していないので、ほんとうにひっそりのスタートとなりました。

今日は、天秤座の新月の日。
「魂の願い 新月のソウルメイキング」の著者である占星術師、ジャン・スピラーによれば
新月が天秤座にあるときに願うと実現しやすいことは
「結婚/交渉術/調和/チームワーク/社交性・外交手腕/洗練/ヒーリング/相互依存」だとか。
私にとって開業にいい日かどうかはわかりませんが、ともかく、9月の新月にスタートしたかったのです。

本日の開業はまずお参りからスタート。
一番に行ったのは、神楽坂の筑土八幡神社。私が結婚式をした神社です。
変わらず楚々とした佇まいに、気持ちが引き締まります。
平穏無事に過ごせた御礼と、開業のご挨拶をしました。

神楽坂駅に向かって歩く途中、思いついて赤城神社にも立ち寄ります。
久々に訪れた赤城神社は……とても近代的な神社になっていて、
とてもびっくりしました。驚きのあまり写真撮り忘れるほどで。

そして、中野に戻って、新井薬師梅照院にお参り。
DSC03513.JPG
私がアロマテラピーを学ぼうと思い立ってからずっとお世話になっている
アロマテラピーの学校」の最寄りのお寺です。
いつもは何かのついでだったり、学校の行き帰りに立ち寄るだけでしたが、
今日は改めて、この道を志して進んできた道のりを見守ってくださった御礼をしました。
DSC03517.JPG
古いお守りをお納めして、ひとつ新しいのをいただいてきました。
これから、たくさんの方とよいご縁が結べますように……。

これまで何度もいろんな神社仏閣でお参りしてきましたが、
初詣以外で、お参りのためだけにわざわざ出かけたのは初めてだったかもしれません。

新月の願い事とか、お参りとかのことばかり書いてしまいましたが、
私のトリートメントはスピリチュアルな部分はちっともなく、
いたってシンプルな施術です。精神世界のことに関して詳しくもないですしね。

サロンメニューのことについては、また書きたいと思います。

posted by metsä at 15:48| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

継続する

ブログを始めますといいながら、1週間の放置。
継続が大切なのに。

編集者&ライターとして15年以上を過ごしてきて、
なにか書くときというのは「読む人の役に立つものでないと」という気持ちが先に立ち、
ついつい、自分のことを書くというのは筆が鈍るものです。

書きたいネタはためてあるのだけど。
ブログで挑戦してみたいテーマや、課題もあるのだけど。
ホームページやTwitter、facebookともうまく連携したいし。

などど、言い訳しながら書かないでいました。
それではいけない。
日々書きながら、徐々に課題をこなしていこうと思います。

実はブログのデザインもオリジナルのものにしようと
設定をがんばっていたのですが、うまくいかず、このような愛想のない次第で。

今日は言い訳ばかり。
始めること、続けることがまずは課題です。
posted by metsä at 17:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする